地理歴史好きひさちゃんのブログ

生まれた頃から地理が好き 主に地理、道路、災害情報、歴史について発信しています

給付型奨学金で思い出したやばいこと

f:id:chirirekishizukihisachan:20220418122744j:image

ふざけるな!

 

貸与型奨学金は、奨学金と呼ぶべきではない。教育ローンと明記して、投資リスクを説明すべき。給付型と貸与型を同じ奨学金と表記するのはやめよう。#奨学金と呼ぶのをやめよう  #アベプラ

https://twitter.com/8bit_horijun/status/1297894105310085120?s=21

 

10万円給付が子どもに使われるか否か以前の問題として、まず政府が子どもに対して投資するのが先決だろう。本来は給付型であるべき公的奨学金すら、ほぼ「学生ローン」のまま放置。先進諸外国とは比較にならないほど高過ぎる学費にも手を打たず、完全に「人頭税」である国保の均等割も放置

https://twitter.com/narodovlastiye/status/1470905745982259200?s=21

 

子どもの貧困は、子どもの自己責任ではない。

政治の責任だ。

明石市は、子どもへの責任を果たす。

もちろん給付だ。受験勉強も無償で支援する。高校進学後も卒業まで支援を続ける。

神戸新聞NEXT|明石市、中3対象に給付型奨学金 高校入学・在学支援

https://twitter.com/izumi_akashi/status/1477487158177169409?s=21

 

大学無償化ではありません。費用対効果の薄い低所得者対策です。7600億あれば、有利子奨学金をすべて無利子に。ローン型奨学金の半分を給付型に。各大学の行う授業料減免を3倍に。これだけのことが一度にできます

https://twitter.com/saito_yoshitaka/status/1126870204519030785?s=21

 

菅義偉氏が自力で学費を工面したというエピソードではなく、市民が自力で学費を工面しなくとも高等教育を受けられる環境を作ってきたのかというのが政治家としては重要なのであり、それは奨学金という名の学生ローンや、先進国最低の教育支出に由来する高すぎる学費が残っている時点でダメなんですよ

https://twitter.com/narodovlastiye/status/1301372914202112001?s=21

 

小池書記局長「あしなが育英会は高校生を含む全奨学生に緊急支援金15万円を給付する。総額約10億円です。あしなが育英会が10億円、政府が7億円。これで良いんですか」

 


これ言って欲しかった内容。いち財団法人より少ない支援しかしない政府の存在意義とは。#国会中継

https://twitter.com/narodovlastiye/status/1255741886662209542?s=21

 

モーニングバード奨学金制度の特集。学費が有償で給付性奨学金がないのは #OECD 加盟国で日本だけという実態を告発。日本の異常さハッキリ

http://t.co/wjAufcrmPK

 

竹中平蔵「すべてを給付型奨学金にすれば大学生はますます勉強しなくなる。つまり極端な言い方をすれば、ただでお金をもらうわけですから勉強する必要が低下する」

現実の大学生は学費の支払いに追われて勉強が疎かになりがちなんですが。

何を言ってるんですかねこの人

https://twitter.com/t_oogami/status/1011452210369064960?s=21

 

奨学金には「給付型」と「貸与型」がある。給付型は返さなくても良い奨学金なのだが、貸与型は返さなければならないものだ。貸与型は「奨学金」という名前を使うのを法的に禁止した方がいい。第二種奨学金は利子さえ払うのだから、学生をターゲットにしたただの借金である

https://twitter.com/keiseisuzuki/status/1488750820149448707?s=21

 

まとめ

日本の場合、本来給付型であるべき奨学金が学生ローンに過ぎず、多くの若年層は卒業と同時に数百万の債務を背負わされ、マイナス資産状態からのスタートを余儀なくされている。その上、所得水準は20年前以下で非正規化の割合も高く、1人の生活も苦しいのに子どもを3人産めという「政治」とは一体。

 

給付型奨学金を金がないと出し渋る。金がないんじゃない。教育にお金をかけたくないだけ。こんな国に未来はない

 

関連記事

 

chirirekishizukihisachan.hatenablog.com

chirirekishizukihisachan.hatenablog.com

chirirekishizukihisachan.hatenablog.com

最後まで読んでいただきありがとうございます